アルファベット

海外で通用する英語を話すには

海外で通用する英語を話す場合には、英文法勉強していても役に立ちません。なぜなら、バイリンガルはそもそも英文法の勉強からスタートしていないからです。バイリンガルと同じように勉強するためには、とにかく英語の耳を持つことです。日本語に対する耳を持っているならば、英語に対する耳を持つことができなくはありません。それらは、英語で話す映画などを見ることによって鍛えることも可能です。ですが、英語のやりとりをするためには、やはり銀座にある英会話教室などにかようのがよいでしょう。

どのような目的がよいか

銀座の英会話教室にかようとすれば、より明確な目的を持っていた方がよいです。人によっては、海外旅行に行きお店で買い物をするときに英会話を使いたいから通う人もいるかもしれません。あるいは、海外に留学し基本的な英会話を学ぶ前提として通う人もいます。さらには、上級者レベルになるとビジネスをするためにあるいは海外の学校に通うために英会話を話したいと考えるかもしれないです。いずれにしても、目標に合わせて教室を選ぶことが重要になります。

どれぐらいお金がかかるのか

銀座の英会話教室といっても、様々なところがあります。安いところならば、1週間に4回通っても、\10000以内で学ぶことができるところもあります。逆に高いところは、同じ条件でも\30000ぐらいするところもあるでしょう。なぜそれほど金額が違うかといえば、外国人講師の種類が違うからです。基本的に、東南アジア系の講師の場合には料金が安く設定されています。逆に、アメリカ人やイギリス人講師の場合は高い金額の設定がされていることが多いです。このように、金額が違えますので自分に合ったものを見つけるようにする必要があります。

本当にマスターできるか

これから銀座の英会話に通う場合の心配事の一つは、本当に英会話をマスターすることができるかでしょう。今まで日本語しか話したことがない人が、いきなり英会話ができるかどうかはその人の学び方によって変わるところです。例えば、英会話でもマンツーマンの授業を受ければ必ずしも良い発音になるとは限りません。結局は、その人のタイプによってあるいは目標によってどのようなスタイルで勉強するかが変わってきます。この点に気をつけておけば、十分な結果を出すことができるでしょう。スタイルの見つけ方ですが、自分が今までどのような学習をして来た時に効果があったかを考えればわかります。例えば学生時代に、個別指導塾に通った方がよかったのかそれとも集団授業の方がよかったのかを思い出してみるとどちらがよいのかがわかることがあります。また、わからなければ体験学習などをしてみることも大事になるでしょう。

広告募集中